焙煎されたコーヒー豆

幻のコーヒー”トアルコトラジャ”を試してみた

LINEで送る
Pocket

(写真:左はドリップオンタイプのトラジャブレンド、右がトアルコトラジャ)

世界最高のコーヒーのひとつ、トラジャコーヒー。

その中でも最高級品の“トアルコトラジャ”

この豆の特徴は酸味がありながらフレッシュでフルーティーといわれるトアルコトラジャは、コーヒーが苦手な人でも飲めてしまうほどの味だという…!

(高品質と言われるアラビカ種の傑作。)

テレビ東京の番組”未来世紀ジパング”でも紹介される

未来世紀ジパング(テレビ東京)

未来世紀ジパング(テレビ東京)

未来世紀ジパングでも紹介されていた。

“世界コーヒー争奪戦”(バックナンバー)

インドネシアで4番目に大きな島、スラウェシ島。

その島にある地方都市マカッサル。

マカッサルに住むトラジャ族が作るトアルコトラジャのコーヒー。

それこそが“幻のコーヒー”と言われるトアルコトラジャ。

幻のコーヒーといわれるのは何故?

KEY COFFEE トアルコトラジャ

幻のコーヒーと言われるゆえんは、もともとオランダ領だったインドネシア。

オランダ人はトラジャ地域がコーヒー栽培に適した土地ということに目をつけ、トラジャ族に栽培をさせた。

そこでできたコーヒーはオランダ本国に持ち帰られると、絶賛されオランダ王室でも御用達になるほどだった。

しかし大戦後、インドネシアが独立。

オランダ人はいなくなり、トラジャ地域の農場は荒れ果てた。

そしていつしか”幻のコーヒー”と化してしまった。

トラジャ族とKEY COFFEEとの関係は?

KEY COFFEE ロゴ

KEY COFFEE ロゴ

そんなコーヒーを復活させようとしたのが当時KEY COFFEEの副社長の大木久さん。

大木さんはトラジャ族と力を合わせ、道路や橋などのインフラ整備に始まり、近代的な栽培技術や品質管理を教えた。

1978年、トラジャコーヒーが復活する、そして販売へ。

その農場の中の一つにはキーコーヒー直営の雲の上にある”パダマラン農場”がある。

そこではトラジャ族の女性が歌いながら生豆を収穫する。

ちなみにKEY COFFEEでの収穫量は直営農場で2割を生産し、周辺の契約農家とも良好な関係を築いているので8割は購入しているという。

この活動により、彼らの生活も豊かになっていく仕組みが出来上がっている。

今はそういった仕組みの事を、フェアトレードと言い途上国で作られた産品を適正な価格購入し、生産者の生活や自立を支援している。

キーコーヒーHPトアルコトラジャについて

トアルコトラジャをいれて飲んでみた

フィルタードリップ(落とし中)

フィルタードリップ(落とし中)

今回はせっかくトアルコトラジャを飲むので、最高の一杯を入れるためにペーパーフィルターを使った。

もう袋を開けた瞬間から、香りが違う。

苦みを感じない、さわやかなコーヒーの香り。

珈琲カップとサーバー

珈琲カップとサーバー

ポトっポトっと一滴ずつ落ちていく。

そして準備から完成まで5分ほどかかったけど、やっと飲める。

「………。」

ん〜やっぱり美味しい。

僕はいつもはハチミツたっぷりいれて飲むんだけど、噂通り、このトアルコトラジャはブラックで美味しく飲める。

酸味が強く、とてもフルーティー。

そしてさらにハチミツを入れて飲んでみるとびっくり!!

フルーティーさが爆発した!!

飲んだ瞬間、口の中で広がるような。。。

ぜひ試してほしい。。。

結論、”幻のコーヒー”は美味しかった。。。

ここまで読んで頂きありがとうございました^^