宮島の鳥居(鳥居)

宮島に惚れた!厳島神社だけじゃないその魅力!

LINEで送る
Pocket

ライトアップ・厳島神社(宮島)

ライトアップ・厳島神社(宮島)

最近TwitterやFacebookなどのネットから良く登場していて興味のあった”厳島神社”

ついにいってきました^^

そこは日本にある外国のような雰囲気。

日本人からしてもエキゾチックで、昔にタイムスリップしたかのような世界が広がっている。

厳島神社の境内に入ってきた

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・境内(宮島)

厳島神社・メイン

厳島神社・メイン

酒樽(厳島神社内)

酒樽(厳島神社内)

写真で振り返ってみても、甦ってくるこの世界観は半端ない。

ヨーロッパにある教会とはまた違った雰囲気のある”和の神社”。

違った魅力があり、素晴らしい。。。

ちなみに厳島神社に入場料は「300円」と良心的^^

厳島神社の周りにも趣のある風景が広がっていた

宮島の景色

宮島の景色

古き良き日本を感じられる宮島。

歩いていると心が洗われ、リラックスできる。

石の鳥居(宮島)

赤い鳥居も最高だけど、この石の鳥居もいい味出してる。

宮島の風景(広島)

宮島の風景(広島)

まるで京都のような雰囲気。

でも京都のように人で溢れ返っているわけでもなく、贅沢な時間を過ごすことができる。

ポスト

ポスト

普通のポストなんだけど、宮島で見ると特別な”色”に感じる。

この島の”赤”のアクセントは絶妙。

この日、宮島での僕の一番のお気に入りはグルメだった!!

わたなべ玄関(宮島)

わたなべ玄関(宮島)

わたなべの施設内

わたなべの施設内

絶品のあなご丼

あなご丼、漬け物、吸い物(わたなべ)

あなご丼、漬け物、吸い物(わたなべ)

タクシーの運転手さんにオススメされた”わたなべ”というあなご料理屋さん。

※宮島四季の宿 わたなべ〜世界遺産宮島のおもてなしの宿
 http://www.auberge-watanabe.com/
 〒739-0524 広島県廿日市市宮島町滝町215-1
 Phone: 0829-44-0234

ここは美味しいし、料金も良心的ということ。

行ってみると、外観や内装も雰囲気があり素晴らしかったし、何といってもあなごが絶品だった!!

吸い物もおいしかったし、”おばあちゃんの巻き寿司”も美味しかった^^

次に来た時もぜひまた来たい。

大ぶりの牡蠣と宮島ビール

大ぶりの牡蠣(宮島)

大ぶりの牡蠣(宮島)

かきの一夜干し(宮島のお土産)

かきの一夜干し(宮島のお土産)

次に”宮島のカキ”、これまた最高!!

広島のかきは有名で知っていたけど、ここの牡蠣は人生で一番と言えるほどの”牡蠣”だった!

大ぶりの牡蠣を炭火で焼いてくれ、ポン酢醤油で味付けしてくれる。

牡蠣のエキスまで絶品。

これで1皿2つ400円とは、驚きだ!!

東京や大阪なら1000円はすると思う。

ちなみに僕はおかわりして2皿食べてしまった。

そしてお供は”宮島ビール”。

コクの強い宮島ビールはカキと良く合い美味!!

こういうローカルグルメを味わえるのが旅の醍醐味だ。

お土産用に”かきの一夜干し”も購入^^

現地で食べる広島焼き

広島焼き(宮島)

広島焼き(宮島)

この日の締めはチーズ入りの広島焼き。

キャベツ多めで麺が入っている。鉄板で出てきて、へらで食べるこの感じも旅の雰囲気を盛り上げてくれる。

今日一日で超食べた。。。

ただ宮島のレストラン(?)というか食事処はたいてい17時とか、18時に閉まってしまうので気を付けたい。

宮島名物をもうひとつ。それは”鹿”

鹿(宮島)

鹿(宮島)

厳島神社・鳥居と鹿(宮島)

厳島神社・鳥居と鹿(宮島)

駅にも厳島神社の外にも、道路にも至る所で見かけるとこができる”宮島の鹿”。

とても愛嬌があってかわいい。

ただとても”食”にどん欲だった。

人間を見るとえさを欲しそうに近づいてくるし、人のバッグから食べ物を取ったり、人が着てるTシャツを噛んだりw

とても腹を空かしている。。。

神の島”宮島”

お世話になったタクシーの運転手さんに聞いた話だけど、ここ宮島は神の国だという。

なので、漁業も農業も行ってはいけないという。

葬式もお産もしてはいけないので、広島本土に行って行う。

信仰の浅い日本にあって”神”の存在を感じられる数少ない”場所”なのではないか。

次は晴れた日にまた来たい^^

「日本三景・宮島」

日本三景・宮島

日本三景・宮島