オペラハウス(シドニー)

シドニー(オーストラリア)

LINEで送る
Pocket

オーストラリア【シドニー】
(英語:Sydney)
都市人口:約457万人
公用語:英語
気候:日本とほぼ反対の季節の流れ。
通貨:オーストラリアドル(豪ドル、AUDドルとも言う)

オセアニアツアー
オークランドクイーンズタウンミルフォードサウンドシドニーシドニー近郊エアーズロックゴールドコーストブリスベンケアンズキュランダ

こんにちわ、ゆうや(@youyasato)です。

オセアニアツアー、ニュージーランドに続き、オーストラリアにやってきました!!

まずはここシドニーを拠点に活動していきます。

シドニーの街、シドニー近郊の”ブルーマウンテン”、”ジェノランケーブ”、そして地球のおへそとも言えるエアーズロック(ウルル)へ、ここから旅をしたいと思います!!

地上から見る飛行機(シドニー)

地上から見る飛行機(シドニー)

しかーし、大切な事を忘れていました!!

ETASの取得を忘れていました>< ※オーストラリアに行くには、観光VISA(ビザ)もしくはETAS(イータス)という渡航許可証が必要になります。

しかも2時間前には空港に到着していたけど、いつもながらジェットスターが超混んでいたので、気づくのがギリギリになり、ネット申請も間に合わず。

大阪•関空からシドニー行きのチケット(4万円超)が無駄になってしまいました。。

(ちなみにこのオセアニアツアーは始めにシドニーに到着して、そのままニュージーランドに発ちました。)

こんなにやりきれない事はないんじゃないかという気持ちで、日本の家に帰った事を覚えていますw

しかーし、気を取り直して、その日のうちに、翌日のチケットを購入!!

いざっシドニーへww!!

ワラビー(タロンガ動物園)

ワラビー(タロンガ動物園)

映像を見てもらえれば分かると思いますが、動物率が高いです!!

僕はオーストラリアで特有の動物に会えるのを楽しみにしていました!!

コアラ、カンガルー、ワラビー、タスマニアデビル、などなど。

そしてここシドニーにある、タロンガ動物園に向かいました!!

タロンガ動物園はシドニーの対岸にあるので、フェリーに行くんですが、なんかいいっ、とてもいいっ!!

オペラハウスをいろんな角度から見られるし、ハーバーブリッジも割と近くで迫力あるし!!

天気もよくて行きも帰りもワクワクしたのを覚えています!!

日差しが強すぎるのは目をつむってw
(日差しは日本の5~7倍強いみたいです)

イギリス人が作った街ですが、少し大胆な作りだなぁーと思いましたw

オーストラリア人の大きな体格と重なるイメージw

日本人の僕は高校生ぐらいに見えてしまうw

とにかく歩いて街をみるには大きすぎる街!!

道路も広い。一つ一つの区画も広い。探索するのが大変だったのを覚えています。

しかしそこはヨーロッパ文化!!

街の真ん中に大きな公園、ハイドパーク、素晴らしい!!

自然豊かで、近くに動物もいたり、、、

ジョギングしたり、読書したり、とても健康的な風景が広がっています^^

オーストラリアでひとつ衝撃を受けたのが物価の高さ!!

ニュージーランドでも割と高いなぁーと思っていたけど、ここオージーはもっと高いっ!!

日本に比べて、物価も所得も2倍近くありそうな勢い!!

ちなみに物価がどれぐらいかと言うと、
1,5Lの水は4,5ドル、
リンゴ一個と半分ぐらいの板チョコ買ってまた4,5ドル、合わせて約850円
日本では100円ぐらいの、コンビニのアイス240円(笑)

この後ツアーでお世話になる、オーストラリア人ガイド曰く、彼らの平均年収は900万円飲食店の夜の時給1,700~2,000円だそう。

ん〜オセアニアは景気良いいいですねー!!

旅人や観光人には厳しいけど、働くにはとても魅力的。日本人ももっとワーホリや、英語留学など、有効活用するのもいいですね。

ただオーストラリア人の英語は少しくせがあって、僕は聞き取りにくかった>< (これは僕の問題…) 結論を言うと、シドニーはかっこいい街でした^^

次回はシドニー近郊の”ブルーマウンテン”、”ジェノランケーブ”に向かいます!!

映像のBGMはyouya worldでおなじみミュージッククリエイター“モービーディック”作です^^ぜひご覧下さい!!

地球の歩き方の一覧

【コアラ豆知識】
ユーカリの葉しか食べません。
夜行性で1日20時間寝ます。
オーストラリアのブリスベンやパースの動物園では抱っこできます。
シドニーやメルボルンなどの州では法律で禁止されています。
ジャンプできます。

コアラムービー(ブリスベンの動物園)