乙女の塔とトルコ国旗

とりあえずこれだけ!!トルコ•イスタンブールの歩き方まとめ

LINEで送る
Pocket

こんにちわ、ゆうや(@youyasato)です。

私、今回が初トルコでした。

2週間ちょっとの滞在でしたが、本当にトルコが好きになりました。

というわけで、トルコでのコトを思い出せるだけまとめてみました。

まずはフライトチケットとホテル予約を

turkish airlines

turkish airlines

僕は大阪の関空からのフライトでした。

数日前にチケットを予約しましたが、Turkish Airlines 約80,000円ほどで購入。(14年2月末)

チケット取得の定番”skyscannaer“を使って。

宿泊先についてはexpediaやagodaを使う事が多いですが、他にもHotelTravel.comやBooking.comとかの選択肢もありかなと思います。

トルコの携帯事情はちょっと。。。

turkcell

turkcell

アタテュルク国際空港に到着すると、まずはATMでお金を下ろし、空港にあったトルコの最王手と言われるTurkcellという携帯キャリアでsimカードを購入しました。

私は4GBのパケットのみを購入しました。(39リラ 約1,700円)

2週間を振り返ってみると、1GBか2GBで良かったなと思いました。それに通話もつければ良かったなと。

ただちょうど2週間ぐらいたった時から、突然通信がクローズされてしまったのです。

なぜかというと、海外から持ち込まれた携帯は僕みたいに2週間ほどでクローズされるんだそうです。

政府によって。

クローズを解除しようとすると、税務署に行って115リラ(約5,500円)を払い携帯を登録しなければいけない。

そしてトルコから出る時にも、その登録を解除するためにまた115リラ(約5,500円)払わなければいけない。

何とも不便なトルコの携帯事情。(詳しくはこの方のブログが参考になります

1週間ぐらいの滞在の方なら、トルコのSIMを買って普通に使用できますので、問題ないかと思います。

もし長期の方でしたら、トルコで携帯端末を購入するか、この登録するかになってしまいます。。。

まずはホテルへ行きましょう!!空港から市内まで

スルタンアフメット•ジャーミィ

スルタンアフメット•ジャーミィ

今回のホテルはagodaを使ってスルタンアフメットという旧市街の観光スポットの多くが集まっている所にしました。

イスタンブールはメトロやトラム(路面電車)が充実しているので、ほぼタクシーを使わずに電車だけで行動する事ができます。

空港から電車で一度乗り換えればスルタンアフメット駅に辿り着きます。

僕は早朝に到着しましたが、ホテルの場所をちゃんと調べておらず、このスルタンアフメットからは人に聞いていかなければならなかったのですが、これが失敗。。。

ほとんど人がおらず怪しいと思いつつ、止まっているタクシーに道を聞きます。

なかなか道を教えてくれず、30リラ(約1,400円)で乗せてってやると。

荷物も多く他に道を聞けそうな人もいなかったので、仕方なく乗せてもらう事にしました。

普通なら10リラ(500円)ぐらいで行けるんじゃないかな。

自分でネットで調べて行けば良かった、不覚、、、><

(せっかくトルコのSIM買ったんだし。。。)

イスタンブールの街を遊び尽くしたい方は、ぜひイスタンブルカードを!!

イスタンブールカード(トルコ)

イスタンブールカード(トルコ)

イスタンブールカード(istanbulkart)とは、日本で言うSuicaやicocaのようなお金をチャージして使うICカード。

空港では購入できないけど、バス停のブースや、駅近くの売店などで購入できます。(6リラ 約300円)

その都度チケットを買わなくても良いのはもちろん、イスタンブルカードで支払った時の割引が案外すごい。

普段は3リラ(約130円)の所でも、1,9リラとか、場所によって1,5リラぐらいまで安くなったりします。

長めの滞在の方や、再度訪れる予定のある方、ガンガン公共交通機関を利用した方はぜひ購入を。

これと路線マップさえあれば観光名所のほとんどどこでも行けるかも。

メトロ、トラム、バス、ロープウェイなどの公共交通機関ほとんど行けます。

トルコの豆知識?

日本語で話しかけようとする人多い

親日国トルコ。イスタンブールでは特に日本語で話しかけてくる人が多いです。

トルコの人はタバコ吸う人多い

歩きタバコは当たり前、ぽいっと道に捨てたり、、、多いです。

日本と車の通行が逆

トラム(路面電車)でもそうです。

なので、終点まで行かずに、反対車線に入った時は、進行方向変わると思った方が良いです。

僕も何度か新市街に行こうと思って、途中でリターンされましたw

ホテルにいるとき、夜中でもお祈り放送が始まる

これは宗教なので仕方ありません。

耳栓してでも頑張って寝ます。

トルコはほとんどの人がイスラム教だけど、あまり厳格ではない

中東やアジアの国では信仰が厳しい国も多いのですが、トルコではあまりそういった雰囲気は感じませんでした。
次回はトルコの名産品•グルメ•観光スポットについてまとめたいと思います^^

トルコまとめ僕のトルコの歩き方まとめトルコに魅了された僕の観光スポットまとめトルコに魅了された僕の名産品まとめトルコに魅了された僕のグルメのまとめ