カターニアに咲く花(シチリア)

シチリアの魅力に取り付かれてしまった!!シチリア・ダイジェスト(映像有り)

LINEで送る
Pocket

シチリアってどんなとこ?

こんにちわ、ゆうや(@youyasato)です。

シチリアという名前はよく聞く機会がありますよね?

皆さんシチリアのイメージってどんなものでしょうか?

燦々と降り注ぐ太陽、綺麗な地中海、おいしいイタリアン、などなど??

真っ赤なシチリアンオレンジ(イタリア)

真っ赤なシチリアンオレンジ(イタリア)

そんな僕は実際に持っていたシチリアのイメージはもろくも崩れ落ちました。

もちろん上記のようなイメージは間違ってなかったのですが、そこにはもっと奥深くて、一言では言い表せない”シチリア”というひとつの国のような独特な雰囲気がありました。

今回旅をするのに当たって、シチリアの場所を確認することから始まり、その他情報を集めたり、歴史を調べてみました。

パレルモで見かけた馬(シチリア)

パレルモで見かけた馬(シチリア)

シチリアは地中海の真ん中という、とても地理的に恵まれた場所にあります。

その地理や気候の良さなどたくさんの魅力から、その時々の覇権を握る物達がこぞって支配してきました。

アラブ、ギリシャ、スペイン、フランスなどの国々によって。

そのためその国々の文化が入ってきて、融合されていき、複雑で奥深い、今のシチリアの文化が出来上がっています。

そんなシチリアの各都市を回ってみて、その特徴をレポートとしてまとめました。

予定より大幅に日数をかけて、、、

シチリアの”食”代表の”パレルモ”

ブカティーニ(シチリアンパスタ)

ブカティーニ(シチリアンパスタ)

僕のシチリア旅行はパレルモに始まりました。

パレルモはシチリア第一の都市であり、シチリア州の州都。

パレルモの建造物は目を見張る物が多い。

ここは本当にイタリアという国だろうか?と思えるぐらい、パレルモは人も街も多様性という言葉がよく似合う。

それはヨーロッパ風ではあるんだけど、アラブ、イスラムの雰囲気も併せ持つ。

そしてイタリア料理の中でも、シチリア料理という言葉があるぐらい”食”にも独自の個性がある。

シチリアのどこの都市も料理は美味しいのだけど、パレルモは一枚上手というか、”食”の充実度は高かった気がする。

パレルモのレポートはこちら→パレルモでシチリア料理を堪能しよう

天候に恵まれた土地、シラクーサ

カヌーポロ・水球(シチリア・シラクーサ)

カヌーポロ・水球(シチリア・シラクーサ)

僕が行った中でシラクーサはシチリアの中で一番南。

そのためか、太陽も燦々と降り注ぎ、海側では風も吹き荒れている、地中海もきれいなグラデーションがかったブルー。

水のハンドボールと言われる”カヌーポロ”をやっている姿も見れた。

シラクーサの旧市街の風景には、カメラを構えたくなる魅力がある。

シラクーサのレポートはこちら→シラクーサにはシチリアの要素が全てある?

地理に恵まれたカターニアをシチリア旅行の拠点に

カターニアの風景(シチリア)

カターニアの風景(シチリア)

カターニアはシチリア第二の都市。

シチリアの中で見所の多い東海岸沿い。

ここでカターニアを拠点にタオルミーナ、アウグスタ、カルタジローネに行ってきた。

そのカターニアの都市は圧倒的な存在感のあるメイン通りや、バスターミナルの近くのスラムの雰囲気があり治安が悪いとされる場所まで幅広い。

僕はここで、シチリアで一番の満足度の高いレストランに出逢う。

カターニアのレポートはこちら→カターニア、この街をシチリアでの拠点に

タオルミーナはイタリア、シチリア随一のリゾート地

タオルミーナの風景(シチリア)

タオルミーナの風景(シチリア)

タオルミーナはイタリア随一のビーチリゾート地。

綺麗な海に活気溢れるストリートがある。

そのストリートではおしゃれなショップや楽しげなお土産や並ぶ。

タオルミーナのレポートはこちら

アウグスタという観光には向いていない町w

アウグスタは地図を見ていて何故か行きたいを思ってしまった街。。。

地球の歩き方やるるぶにも載っていない街。。。

何も情報がなく、とりあえずカターニアからのバスに乗って行ってみるも、ちょっと残念な結果。

観光ではオススメできないなという印象。(だからガイドブックに載っていないんだ><)

アウグスタも映像にちょろっと出てきます!!

映像ではいい味出してるな〜w

デザインされた階段が有名な”カルタジローネ”

サンタ・マリア・デル・モンテ階段(カルタジローネ)

サンタ・マリア・デル・モンテ階段(カルタジローネ)

このカルタジローネに興味を持ったのはYouTubeで”世界ふしぎ発見”の映像を見たから。

すごくでっかいデザイン階段があるということだった。

その階段を一目見ようと行ってみた。

カルタジローネのレポート

シチリアって英語通じるの?

シチリアの州旗

シチリアの州旗

当初の予定より長く、シチリアという島に滞在してしまったのは、魅力的だったから。

イタリア観光というと、ローマやナポリ、フィレンツェ、ミラノ、ヴェネチアなどのメジャーな所を想像しますが、シチリアはイタリアの奥深さを体験できるぜひお勧めしたいところ。

いろんな方のシチリアブログでは、イタリア語ができないとシチリアは厳しいと書かれています。

確かにその通りで、ホテルの人とか、バスの運転手とかが英語できない時はとても困りました、、、

しかし僕もイタリア語はまったくできませんが、それでもシチリアが好きになるぐらい充実した日々を過ごせました。

当たって砕けろで、英語でトライして無理だったら、イタリア語の単語だけ覚えてトライしてみるとか、最後の砦として、Google翻訳と言うアプリを使いスマホを見せたりで、なんとかしました。(アプリ使用の場合、SIMフリーのスマホ、イタリアのSIMカードが必要)

結局シチリアに惚れたと言っても良いぐらい、充実していたし、なんとかなりました。

シチリア・ノスタルジア

イタリア語ができないからといって、シチリアを諦めるのはもったいない!!

奥深いイタリアの魅力をぜひ感じて欲しい。

そんなシチリアの魅力を伝えるべく、映像を作りました。

かなり力を入れた作品になっていますので、観て頂けると嬉しいです!!

シチリアブログ記事まとめ

 ・パレルモ→パレルモでシチリア料理を堪能しよう
 ・シラクーサ→シラクーサにはシチリアの要素が全てある?
 ・カターニア→カターニア、この街をシチリアでの拠点に
 ・タオルミーナ→タオルミーナのレポートはこちら
 ・カルタジローネ→カルタジローネのレポート

良かったら下記の記事もご覧下さい^^
イタリアの28都市の中から、オススメ都市をピックアップして紹介しています^^

どうしてもおすすめしたいイタリアの都市5選+番外編そしてパスタ好きにはたまらない?イタリアで食べた美味いパスタ23選