パスタを茹でる

パスタの茹で方とソースを作る時のポイント

LINEで送る
Pocket

パスタの茹で方のポイント

まずはお鍋にたっぷりの水(1人前で約1リットル)を入れ、沸騰させる。

そこに1リットルにつき10gの塩を入れる。 そしてパスタ(1人前で約100g)を入れる。

パスタを茹でる時の注意として、茹で汁を沸騰させすぎないこと。

パスタ表面にはソースがからまりやすいように、細かな傷がつけられています。

パスタが鍋で踊ってしまうと傷が取れてしまい、ソースがからまなくなります。 塩を入れるのは、なぜか?それはパスタにしっかり下味をつけるためです。

パスタをゆでる

パスタをゆでる

茹で汁は澄まし汁よりも少し濃い目にしておく。

ここで注意として、後でソース作りの時に使用したり、塩加減の調整の役割もあるので強過ぎも良くない。

そしてアルデンテに仕上げるために、表示時間より1分ほど早めにあげることを意識する。

パスタのゆで加減を味見して、芯が一本残っているぐらいが理想です。

■パスタソースのポイント

○オイル系のソースのポイント

水と油・乳化の説明

水と油・乳化の説明

「茹で汁」と「オリーブオイル」とは、「水」と「油」の関係です。

その混ざり合わないはずのこの2つをある方法でとろみのある、おいしいソースに変身させることができます。

その方法とは弱火でフライパンを熱し、小刻みにゆらすというものです。

そうすることで混ざり合うだけでなく、乳化によりとろりとした美味しいソースができ上がります。

○トマト系ソースのポイント

トマトソースの作り方

トマトソースの作り方

ポイントは『煮詰める』ということです。

これは例えば300ccのソースを半分まで煮詰め、その後、また茹で汁やブイヨンなどで300ccまでのばす。

この作業をするだけで、見た目は一緒でも格段に美味しくなった新しいソースに生まれ変わります。

ぜひやってみてください。

パスタ茹で時間の目安

いろんろなパスタの種類

いろんろなパスタの種類

ロングパスタ一覧

スパゲッティーニ9分
スパゲッティ12分
リングイネ12分
フェデリーニ6分
フィットチーネ7分

パッパルデッレ6分

ショートパスタ、その他パスタ一覧

フスィリ12分
ペンネリガーテ13分
コンキリエ13分
ファルファッレ12分
ラザーニャ4分

あくまで目安ですので、最終的には自分でかたさを確かめながら茹であげるのが一番です。